こんにちは。

こんにちは、*K*です。

大震災から1週間たちました。
あの日に起こったことを思い出すだけで身震いし涙が出てきます。
でも今、こうして元気に過ごしていられることに幸せを感じています。


震災の翌日、つくばの兄家族が救援物資を詰め込んで駆けつけてくれました。
震災から2日目には交通網もパニックの中、千葉の*F*宅へ行く事ができ
温かく迎えてくれたもてなしを本当に感謝しています。
震災から3日目、電気が復旧し灯りのある家に子供たちも少し安心できました。
生活水の確保に連日、夫が動いてくれました。蛇口をひねれば当たり前のように出ていた水が止まりこれほど困る事だったんだと思い知らされ、子供たちにも水の大切さを身にしみて感じただろうと思います。
震災から5日目、ガスが復旧。火はキャンプ用品が大活躍してくれました。
震災から6日目、通水可能。
1週間の間にライフラインが全て稼動し、その作業に携わってくれた方々には心から感謝申し上げます。
しかし、日立市全域が稼動したわけではなくまだまだ不便な生活を送っている方が大勢いる状況です。私たちにも出来る事、少しでも役に立てることを見つけて行動しようと思います。

太平洋を目の前にして生活していた両親は震災の日は留守にしていた事もあって人的被害は無く押し寄せた津波の被害も受けなかった事が幸運でした。
室内の物の破損はひどかったですが住めない事もなく、避難させていただいている叔父宅から今日、戻ってくると連絡がありました。
早く元気な姿を確認したいです。

わが家も少々の破損箇所はありましたが、どうってことありません。
     ただ・・・・
c0198485_11195229.jpg

作業部屋のミシンが落下し叩き付けた床のキズが痛々しくもあり・・・
昨日、恐る恐る稼動させてみたらしっかり動いてくれました!
来月、入学を控えている次女とお友達の学校グッズ作りが再開出来ます。
c0198485_11312223.jpg

棚に飾ってあった雑貨、小物類が無残にも全て落下していました。
[PR]
by un-rapport | 2011-03-19 11:36 | *k* | Comments(0)